moderato

失敗はしたけど、後悔はしてない。正解ではなかったかもしれないけど、頑張ったことだけは間違ってない。

何だろうこのもどかしさ

みなさんこんにちは( ´∀`)

今日は珍しく早起きをしました

そのせいか少し眠たくなってきました(笑)

 

いきなりですが、私は一人っ子です!

小さい頃は母1人、子1人の2人家族でした。

 

私は幼い頃、ママ友さん達に「一人っ子なのにしっかりしてるねー!」と言われていました。

なぜだかわかりませんが、『一人っ子』って甘えん坊なイメージがあるらしいのです。

この歳になっても、友達なんかから「あなたは本当に一人っ子っぽくないよねー!」と言われます。

 

今でも覚えていますが、私は「しっかりしているねー!」と言われると、幼いながらに嬉しかったのです(笑)

それがお世辞だとしても、『褒められている』ということが嬉しかったんだと思います。

 

私の母は、褒めて伸ばすタイプではありませんでした。

何か結果を残しても、「次も頑張ってね」「運が良かったね」とか(笑)

『すごいね!!!』って褒められたことはあまりありません。

『自分のことを認めてもらえた!』っていう記憶があまりありません。

 

それは別にいいのですが、だから、「しっかりしてるね」と言われ続けてきた私は、『しっかりすること』で承認欲求を満たしていたように思います。

『しっかりすること』が自分らしさ何だと思っていました。

 

そして、その変な感覚から、今のひねくれた性格が出来上がったんです。多分(笑)

 

自分のことは自分でする。

自分で出来ることは自分でする。

 

私が誰かを頼るときは、『Help』ではなくて『SOS』

 

だから、自分で出来ることなのに誰かに手を差し伸べられるともどかしい気持ちになります(^_^;)

 

人を信用してないわけではありません。

 

「え、私頼りないかな?しっかりしてないかな?」って心の中で思っちゃうんですね。

 

「自分で出来るのに」って(笑)

素直に『ありがとう』って言えればいいんですけどね。

 

最近気がつきました。「手伝おうか?」と声をかけられても、「大丈夫です」と断ってしまうのは、遠慮しているわけではありません。

 

それが自分にとって『SOS』ではないからです。

 

「面倒臭い性格しているなー」とつくづく思います。

甘え上手だったらどんなに良かっただろうって。

そのほうがきっと可愛かっただろうに(笑)

 

自分らしさって何でしょう。

 

この堅苦しい性格こそが、『私らしさ』なのは間違いないですが、その性格を頑張って柔らかくしようとしたら、それは『自分らしさ』ではないような気がして(笑)

 

ありのままの自分を受け入れて、『自分らしく』生きていく。

もちろんそれでいいと思うのですが、自分の中ではもう少し、「融通の利く性格になりたいなー」と思っていたりもします。

 

んんんんんーーーー(*´ω`*)

もどかしいなーあああああ(゚∀゚)

 

このどんよりとした雲が晴れてくれれば、自然に気分も晴れそうだけどなー(*´꒳`*)