moderato

失敗はしたけど、後悔はしてない。正解ではなかったかもしれないけど、頑張ったことだけは間違ってない。

憧れ

みなさんこんにちは

 

『私定時で帰ります』と言うドラマをご存知でしょうか??

私はこのドラマを見ているんですけど、6月11日放送の回を見て考えさせられる事がありました。

 

簡単に言うと

『仕事がすごく出来る上司に憧れて、新人が無理して頑張る』

いう内容なのですが、私はこの気持ちすごく分かるなーと思って見ていました。

 

かつての私もそうだったからです。

 

私には、とても憧れている先輩がいました。

仕事がものすごくできて、後輩のことを気にかけてくれて。

その先輩は、仕事が好きだったんだと思います。

仕事をする姿が、とても生き生きとしていましたし、私から見たら輝いていました。

 

「ああーこの人みたいになりたいな」

 私はずっとこの人の背中を追いかけていました。

 

しかし結局、その先輩は、体を壊して会社を辞めてしまいました。

頑張り過ぎたんでしょうね。

 

前に『過去は美化される』と言う記事を書きましたが、この先輩の場合もそうです。

先輩が辞めてからも、私は記憶の中の先輩の姿を追いかけました。

 

憧れは強くなり、存在は大きくなり。

その先輩に追いつくことはできませんでした。

 

結果、私も体を壊してしまいました。

 

ドラマでも同じような描写が描かれていたのですが、

 

人から憧れられるような、そんな魅力的な人だからと言って、

 

別に天才じゃないんです。

 

輝いているだけじゃない。

 

我慢だって、悩みだって、いろんなことを抱え込んでいる可能性が高いんです。

 

もしかすると、本人でさえそのことに気がついていないかもしれない。

 

私の憧れていた先輩でさえも、ボロボロになってしまいました。

先輩だってかなり無理をしていたんです。

見えていなかっただけ。

 

どんなにかっこいいひとでも、かっこわるい一面があるんです。

完璧な人間なんていない。

みんな何かしら抱えて生きているんです。

 

『憧れの存在がいる』ってとてもいいことだと思いますし、いい刺激になると思います。

 

でも『憧れ』を追いかけることに夢中になり過ぎて、自分のことを見失わないでください。

 

それで心も体もボロボロになるくらいだったら、少し肩の力を抜いて。

角度を変えて、違うところから自分のことを見てみて下さい

 

一生懸命やっていれば、

自分だっていつの間にか

きっと誰かの『憧れ』になっていると思います。

自分では気がつかないかもしれませんけどね(*´꒳`*)